トップ

学校から生徒に伝える

学校で重要な敬語教育

学校では学びにくい敬語の区別

成長していく中で欠かせないものの一つに敬語があります。しかし多くの子供は尊敬語と謙譲語の区別をつけられず、使い分けができないまま学校を卒業し、社会進出してしまう人も増えています。その理由にその区別を学ぶ機会は国語の授業が中心になるため、頻度も量も圧倒的に足りません。また教師自身がフレンドリーにかかわることが多いことで、仲の良い人と話すような言葉づかいを学生は取ってしまうことが多いです。そのことからも大人と話すときに本来はどのような言葉遣いが適切なのかを学校で学ぶことが難しい状況にあります。そのため教師にはしっかりと区別をつけてコミュニケーションをとっていくことが求められます。

学校や社会で復活すべき謙譲語

謙譲語や尊敬語といった、いわゆる敬語が使えない若者が増えてきています。いつの時代も若者は流行語の影響を受けやすく、何も今日の若者に限った現象ではありません。しかし、ゆゆしき傾向として見られるのが、学校で謙譲語をあえて教えない教育が進められる点でしょう。平等や自由などの精神が尊重される風土は素晴らしい事です。しかし、学校から教壇を無くたり、先生と生徒との上下関係をいたずらに廃止する事は、子供たちの社会性を養う機会を奪います。また国語や出版などの世界でも敬語をダサい言葉だと見なす傾向が強いですが、それでは言葉が乱れ、やがては社会全体の風紀が乱れてしまいますので、義務教育の間に加え、親しき仲にも礼儀ありという発想を社会全体で共有する事が大事です。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校で重要な敬語教育. All rights reserved.