トップ / 学校にまつわる怖い話

学校を舞台にした怪談

学校にまつわる怖い話

怖い話は学校を主題にしている

怖い話は夏になると溢れてきます。有名なものはトイレの花子さんで、アニメにもなり、映画にもなりました。学校をテーマにしたものはあるある話が多いので、誰しも経験してきたテーマが反映されているので、よく主題になりやすいのです。みんな義務教育を終えて大人になるので、怖い話には学校を扱ったものを取り入れると、みんな昔を思い出すので、怖さも倍増します。理科室や音楽室は放課後、怖いですが、それは飾っている人物画がリアルで怖いのもありますし、人体模型が怖かったり、その怖さの謎が解明すると、そんなに怖いものではないですね。

学校につきものの怖い話

どこの学校にも怖い話というのはつきものです。東京の郊外にある私立学校は周りがお墓に囲まれておりお彼岸の時期になると校舎中に御線香の香りが漂います。しかも古戦場であるため放課後先生方は結構な体験をされていました。上の方から男性の叫び声が落ちてきてどさっという音はしても誰もいないとか、校舎の周りを白い大きな布が飛び回るとか。また、都内にある姉妹校は飛び降りが何年かごとにおこり、図書館には体のない背広の腕だけの紳士がいます。サークル活動を夜までしていて、地下2階にあるクラブハウスから帰ろうとエレベーターに乗ると誰もいない地下1階の学食でドアが開き、全員で大絶叫なんて話もありました。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校で重要な敬語教育. All rights reserved.